<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は5日、TBS番組「時事放談」の収録で、同党の小林千代美衆院議員=北海道5区=の陣営への違法献金の疑いで北海道教職員組合幹部らが逮捕された事件に関し、「心の教育が明日の日本のために一番大事だと訴えているのに、(北教組に支援された)わが党の議員が心の教育を一番粗末にするような形で、本当に恥ずかしく残念だ」と陳謝した。

【関連記事】
予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
北教組不正資金提供で小林議員が小沢氏に状況説明 進退は言及せず
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」
自民が「労組マネー」追及チーム 北教組の不正資金提供事件受け
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

1月鉱工業生産、2.5%上昇=経産省(時事通信)
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡−岐阜県警(時事通信)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
首相「政治とカネ、今後も説明」…参院予算委(読売新聞)
太平洋広域で津波の可能性=日本への影響調査−チリ大地震で気象庁(時事通信)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-08 13:12
 政府は1日、チリ大地震の当面の被災者支援のため、300万ドル(約2億7千万円)を上限とする緊急無償資金協力を実施すると発表した。チリ政府の要請にもとづき、テントや浄水器など3千万円相当の緊急援助物資も供与する。

 また、国際緊急援助隊医療チーム約20人の派遣を決定し、うち3人が同日夜、現地に向けて出発。3人は外務省と国際協力機構(JICA)職員と医師で、防衛省からも調査要員1人が同行している。

【関連記事】
チリ大地震 津波で養殖施設に深刻な打撃 岩手、宮城などで
中国が8900万円の支援を発表 チリ大地震
被災者が略奪行為、一部に夜間外出禁止令 死者700人突破 チリ大地震
政府、医療チーム派遣へ チリ大地震
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
<国会>24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議(医療介護CBニュース)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-06 17:52
 岐阜市の路上で帰宅途中の男子高校生がひき逃げされ死亡した事件で、県警岐阜北署は4日、道交法違反と自動車運転過失致死の疑いで、同市岩崎、無職相宮千昭容疑者(46)を逮捕した。同署によると、容疑を否認している。
 逮捕容疑は2日午後9時20分ごろ、同市粟野東の市道で、同市太郎丸新屋敷の高校2年児玉朋也さん(17)をひき逃げし、死亡させた疑い。
 同署によると、相宮容疑者からフロントガラスが割れた車の修理依頼を受けた市内の業者が3日昼ごろ同署に連絡。現場に落ちていたプラスチック片と、車の欠損した部分が一致したという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる
ひき逃げ死亡容疑で会社員逮捕=「燃料ランプに気を取られた」
自動車盗で再逮捕=ブラジル人の男4人
路上に男性の遺体=ひき逃げで捜査

ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻(産経新聞)
大阪・平松市長、外国人参政権に慎重姿勢「国に議論尽くすよう要求」(産経新聞)
雑記帳 歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
橋下知事「抜群の経済対策」と自賛(産経新聞)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-05 01:46
 政府は2日午前の閣議で、国連ネパール支援団(UNMIN)に軍事監視要員として派遣している陸上自衛官6人の活動期間を4カ月間延長し、今年7月末までとすることを決めた。UNMINに対して政府は、国連平和維持活動(PKO)協力法に基づいて07年3月から自衛官を派遣。ネパール国軍の施設や共産党毛沢東主義派のキャンプで、武器管理などの監視業務に当たっている。活動期間の延長は今回で5回目。

【関連ニュース】
ネパールPKO:陸上自衛隊の活動 4カ月間延長へ
ハイチ:PKOの陸上自衛隊1次隊 首都で活動を開始
ハイチ大地震:自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊
ハイチ大地震:PKO派遣の自衛隊員 羽田などから出発
ハイチ大地震:復興支援PKOに自衛隊派遣 閣議決定

「政治とカネ」自民の追い風にならず 「一人相撲」の審議拒否(産経新聞)
<皇太子さま>国民と接する機会大切に 50歳会見(6)(毎日新聞)
500系のぞみラストラン、「撮り鉄」対策で警備強化 28日にJR(産経新聞)
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚−大阪府警(時事通信)
燃焼する大阪府市論争の行方は… 橋下府政ウオッチ(産経新聞)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-03 14:35
 埼玉県の公立小学校で性同一性障害(GID)と診断された2年男児(8)が女児として通学を始めたことを受け、県教委が公立の小中高校・特別支援学校(さいたま市を除く)に緊急調査を実施した結果、心と体の性別が一致しない在校児童・生徒からの深刻な相談が他にも十数件あることが24日、分かった。県は来年度に学識者や医師を交えた調査検討会議を設置し、教育現場での対応を考える。

 県教委によると、相談者は高校生が最も多く、小学生もいた。今後、個々の具体的な悩みやいじめの有無、本人や保護者が学校にどのような対応を求めているかなどを詳しく調べる。人権教育課の辻村昌之主幹は「子どもたちの悩みをどれだけ和らげ学習環境を整えられるか、しっかり議論したい」と話す。

 子どものGIDは専門医から不登校や自殺の一因とも指摘されてきたが、教育行政の課題に上ることはなかった。県教委によると、こうした調査や対策の検討は全国初で、さいたま市教委も近く同様の調査を実施する方針。【丹野恒一】

【関連ニュース】
<性同一性障害>小2の秋から「女の子」…性切り替え容認
<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校
<性同一性障害>兵庫の男性「嫡出子認めて」法相に訴え
<性同一性障害>「思い尊重を」文科相
ことば:性同一性障害

<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を逮捕へ 別の女性にも(毎日新聞)
「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文(読売新聞)
輸入小麦5%値下げ=4月から、国際市況反映−農水省(時事通信)
<就職内定率>高校生は74.8% 下げ幅過去最大(毎日新聞)
公明、露骨な民主寄り 介護政策提言 代表、協力姿勢を強調(産経新聞)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-02 07:34