チリ大地震 日本、2億7千万円上限の緊急無償資金協力へ(産経新聞)

 政府は1日、チリ大地震の当面の被災者支援のため、300万ドル(約2億7千万円)を上限とする緊急無償資金協力を実施すると発表した。チリ政府の要請にもとづき、テントや浄水器など3千万円相当の緊急援助物資も供与する。

 また、国際緊急援助隊医療チーム約20人の派遣を決定し、うち3人が同日夜、現地に向けて出発。3人は外務省と国際協力機構(JICA)職員と医師で、防衛省からも調査要員1人が同行している。

【関連記事】
チリ大地震 津波で養殖施設に深刻な打撃 岩手、宮城などで
中国が8900万円の支援を発表 チリ大地震
被災者が略奪行為、一部に夜間外出禁止令 死者700人突破 チリ大地震
政府、医療チーム派遣へ チリ大地震
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
<国会>24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議(医療介護CBニュース)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-03-06 17:52