「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)

 芋焼酎の「森伊蔵」(鹿児島県垂水市、森伊蔵酒造)や「伊佐美」(同県伊佐市、甲斐商店)といった人気銘柄が、蔵元に無断で中国の商標局に商標登録申請されていることがわかった。

 中国の商標局のサイト中国商標網によると、計10銘柄が2007年11月に商標登録申請された。「魔王」など5銘柄の申請は認められなかったが、「森伊蔵」や「伊佐美」は昨年末に公示され、3か月以内に異議申し立てをしなければ、商標として認められる恐れがあるという。

 蔵元などによると、無断申請したのは福岡県大牟田市の会社。同社は現在、連絡が取れない状態になっている。

 異議申し立てをしている甲斐商店の甲斐弘一社長は「中国での販売は考えたこともない。偽物が作られ、焼酎への信頼が失われないようにしなければならない」と話している。森伊蔵酒造も「情報を聞いてびっくりした。消費者に迷惑がかからないようにしたい」とし、異議申し立ての準備を進めている。

普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)
大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
PA連携の実施率は46.4%(医療介護CBニュース)
北教組の違法献金事件 民主に動揺広がる(産経新聞)
<皇太子さま>外国訪問は周囲と相談し 50歳会見(7)止(毎日新聞)
[PR]
by cqyoytyqun | 2010-02-25 15:43